どうしてグルコサミンが必要?

グルコサミンが話題の成分になっていますが、
ではなぜグルコサミンを摂取する必要があるのか・・・?

体内のグルコサミン量が大きく関係してくることがわかります!

加齢とともにグルコサミン生成量が減少します!

graph.jpg右のグラフをご覧ください。
これは20歳の時を100%とした場合の、
体内で生成されるグルコサミンの量を
表したグラフです。

なんと40歳の時点ですでに
50%しか生成されなくなっていて、
60歳では4分の1以下
となっています・・・!

歳を重ねるごとに、
体内でのグルコサミンの生成が
どんどん難しくなっていくのがわかります。


グルコサミンがないと軟骨がつくられなくなる?

グルコサミンとは?」でも説明しましたが、
グルコサミンは、軟骨成分であるコンドロイチン硫酸や
ヒアルロン酸の原料になる
と言われています。

みなさんご存知のように軟骨とは、
骨と骨を連結させる関節にあるクッションの役割を果たすものです。

膝や腕、指の曲げ伸ばしなどのように、
運動をすることによって軟骨は消耗していきます。

若い時は、軟骨が消耗されても、
体内で生成されたグルコサミンから軟骨が生成されるので、
バランスが保たれ、特に違和感を感じることはありません。

ところが加齢に伴い、
体内で生成されるグルコサミンの量が減少していくと、
軟骨の消耗と生成のバランスが崩れ、
軟骨が徐々に擦り減っていく
んです・・・!


軟骨量が減ってくると・・・?

骨と骨の間にあり、衝撃をやわらげるクッションのような
役割をする軟骨が減ってしまうと、
骨と骨が直接こすり合わせてしまうようになり、
関節に痛みが生じるようになってきます。
これが関節痛の原因にもなってしまいます。

そのため、加齢とともに生成量が減少する
グルコサミンを摂取することは、
軟骨のためにも、必要なことなんですよね。

足りなくなってしまったグルコサミンを効率よく補うためには、
サプリメントで摂取するのが手軽でぴったり
だと思います!

もちろん、日常の食事から摂ることが大事ですが、
やはり摂取量が限られてしまうのが現状です・・・。

ですので、サプリメントだけに頼りきるのではなく、
あくまでも補助的なものとして、
サプリメントを摂取するのがいいかもしれません。


<<グルコサミンとは?  | トップページ |  気になる副作用も確認!>>