グルコサミンがないと軟骨がつくられなくなる?

グルコサミンとは?」でも説明しましたが、
グルコサミンは、軟骨成分であるコンドロイチン硫酸や
ヒアルロン酸の原料になる
と言われています。

みなさんご存知のように軟骨とは、
骨と骨を連結させる関節にあるクッションの役割を果たすものです。

膝や腕、指の曲げ伸ばしなどのように、
運動をすることによって軟骨は消耗していきます。

若い時は、軟骨が消耗されても、
体内で生成されたグルコサミンから軟骨が生成されるので、
バランスが保たれ、特に違和感を感じることはありません。

ところが加齢に伴い、
体内で生成されるグルコサミンの量が減少していくと、
軟骨の消耗と生成のバランスが崩れ、
軟骨が徐々に擦り減っていく
んです・・・!