妊娠中や授乳中の方

現在のところ、ほとんどのメーカーのグルコサミンには
「妊娠中・授乳中の方のご使用はお避けください」や
「担当医にご相談ください」といった文言が書かれています。

胎児や乳児への影響がどれほどのものなのか、
安全性も含めて確認されていないのが現状です。

母親が摂取した栄養素が胎児や乳児に影響を与えるのと同じで、
やはりグルコサミンの場合も少なからず影響があると考えられるので
積極的な摂取は避けた方が良いでしょう

妊娠中は、妊娠していない時と比べて
体がデリケートになっているので、体質が変わっている場合もあります。
いつもなら大丈夫なものも、大丈夫でなくなることもあります。

特に、以前から高血圧や高脂血症の妊婦さんの場合は、
グルコサミンの摂取により血糖値を上げてしまう可能性があるので
やはり摂取を避けてください。

関節痛がひどかったり、どうしてもグルコサミンを摂りたい場合は、
自分で判断せず、担当医に相談してみましょう。