筋肉の衰えで関節に負担が増える!

関節の曲げ伸ばしは
関節と筋肉、靭帯が連動することで行われる動きです。

膝を伸ばすには、
太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を使います。
一方で、膝を曲げるには太ももの後ろ側の筋肉を使います。

老化や日頃の運動不足によって、
前側の筋肉が衰えてしまうことが
関節の痛みの大きな原因
となるんですね。

前側の筋肉が衰えると、
前後の筋肉のバランスが崩れてしまい、
ひざを充分に伸ばすことが出来なくなります。

そのため、膝関節に無理な力がかかってしまい、
痛みを招く原因になるんですね。

これを防ぐには、
大腿四頭筋を維持・強化することがとても大事です!