日頃の癖が関節トラブルに?

一見、関節とは関係ないように見える体の症状も
実は大きな影響を与えているかもしれません。

すぐに治すのは難しいですが、
日常生活を見直す事で症状が緩和される可能性もあるので
自分の日頃の行動を見直してみましょう。

何気ない日常生活の癖でも関節への影響は大きい!

大人になると、癖というものはなかなか直せないものですが
関節痛や関節炎といった関節トラブルは、
そういった日常生活の癖が元々の原因となっているケースが
多くあります。


痛風

女性でこの病気になる人はかなり少なく、
圧倒的に男性に多い病気です。

痛風は、血液中にある尿酸が増える事が原因で
起こると言われています。
尿酸は老廃物なので、これがうまく排出されないままで
溜まってしまう事も原因の一つです。

尿酸は新陳代謝の働きからも発生しますが、
プリン体という物質からも分解され、発生するものもあります。
このプリン体から発生する尿酸を増やさないためにも、
プリン体を含む食品やアルコールを摂りすぎないように
日頃から気を付けましょう。
最近では、プリン体OFFを全面に出した商品も増えています。

痛風の症状が出やすい体の場所としては、
肘・膝の関節、指・手首の関節、
そして70%以上が発症元となっているのが、
足の親指の付け根

体全体で見ると、約90%が足の指まわりで
発症しています(アキレス腱・かかと・足の甲など)。

痛みがありますが、長期間続くのではなく、
たいていの場合は1週間~10日で治まります。
しかし、半年~1年たった頃にまた痛みが再発し、
痛みがない期間がどんどん短くなっていくというのも
痛風の大きな特徴です。


O脚・X脚

O脚の場合、膝の内側に重心がかかってしまうため
負担も大きく、膝の関節(軟骨)の内側から減ってしまいます。

筋肉のバランスが正しくとれていないのが原因で、
脚のゆがみが体全体へのゆがみとなり、
それに伴い変形性膝関節症になる場合もあります。

変形性膝関節症になると、O脚・X脚がさらに
変形してしまう可能性があります。

簡単には治せませんが、
O脚・X脚は毎日のゆがみが蓄積された結果なので、
日常生活でのあらゆる場面での自分の姿勢を見直し、
姿勢を良くする、という基本的な事から始める事が大事です。


肥満

関節は骨と骨をつなぎ、骨を守るところ!」のページで、
膝にかかる圧力についてお話した通り、
膝の関節には、体重の何倍もの圧力がかかります。

つまり体重が重い人ほど、膝への負担が大きいので、
関節と関節をつなぐ軟骨の消耗量が増えてしまいます。

心当たりのある人は、お酒の回数や食事内容を見直し、
栄養バランスのとれた食事をとること、
そして運動をする習慣をつけましょう!


上に挙げた3つの症例の他にも、例えば女性で多いのが、
合わない靴を履いているのが原因で膝や腰が痛むというもの。
デザインや見た目優先で、自分の足にフィットしているかは
後回しにしているせいで、体に負担がきています。

まだ、関節に痛みがなかったり見た目に変化がない場合でも、
見えないところで関節への負担やゆがみが蓄積されているので、
自分にできる事から始めて関節トラブルを回避・軽減しましょう。


<<関節トラブルの原因  | トップページ |  スポーツでの関節痛>>