摂取方法で比較

グルコサミンのサプリメントといっても、
錠剤のものや液体ものなど、様々なタイプがあります。

同じ錠剤でも大きさが違っていたり、
1回あたりに飲む数が商品によって異なります。

ここではグルコサミンを摂取方法で比較してみました!
自分に合った摂取方法で見比べてみてくださいね♪

錠剤タイプのグルコサミン

市販されているグルコサミンの中で、
最も多いのが錠剤タイプのグルコサミンです。

1日の摂取目安量としては、
6~8粒となっているものが多くなっています。

メーカーによって配合されている成分や価格が
かなり違いますね!

グルコサミンのみのサプリメントであったり、
他の成分(相性の良い成分など)が配合されていたりと
錠剤タイプが最も多いだけあって、
商品も多種多様になっています。


噛むタイプのグルコサミン

錠剤タイプのグルコサミンが苦手な方には、
噛むタイプのグルコサミンが良いかもしれません。

グルコサミン本来の甘味を利用して、
噛んで食べても美味しいように工夫されています

ここでは噛むタイプのグルコサミン、
2つの特徴をまとめてみました!

フジフイルムのグルコサミン
フジフイルムの
グルコサミン
UMIのN-アセチルグルコサミン
UMIのN-アセチル
グルコサミン
1日の摂取目安量 5粒 1粒
グルコサミン含有量 500mg 1,000mg
ほんのり
ミルク風味
オレンジ風味の
ラムネ味

では、それぞれの1粒の大きさは
どの位なのでしょうか?
一目で分かるように、
一円玉も一緒に置いて比較してみました!

噛むタイプのグルコサミン

左がフジフイルムのグルコサミンで、
右がN-アセチルグルコサミンです。

フジフイルムのグルコサミンは、
一円玉と比べると小ぶりなので、
本当にラムネを食べる感じで摂ることができそうですね。

反対に、N-アセチルグルコサミンは、
一円玉とほぼ同じ大きさになっています。
複数粒ではなく一粒のみを摂る、というのも
手軽でいいかもしれません。

また、それぞれにおいしく食べられる様に
味がついていますが・・・
どちらも、ラムネや飴の様な風味です♪

グルコサミンは継続して摂取する事が大事なので、
おいしくない場合は続けることが難しくなるかも
しれませんよね・・・。
でも、この噛むタイプはお菓子感覚で続けられそうです!


ドリンクタイプのグルコサミン

ドリンクタイプになっているグルコサミンは、
栄養ドリンクのように手軽に摂取できます。

錠剤タイプのグルコサミンと異なる点としては、
ドリンクタイプならではの成分も配合されていることです!

ドリンクタイプのグルコサミンには、メイト21があります。

でも、錠剤タイプのグルコサミンと比較すると、
1日あたりの価格が2~3倍にもなってしまいます。

個人的には飲みやすくて好きなのですが、
価格面を重視する方には、あまりオススメはできません・・・


<<お得感を比較(定期お届けコース)  | トップページ |