噛むタイプのグルコサミン

錠剤タイプのグルコサミンが苦手な方には、
噛むタイプのグルコサミンが良いかもしれません。

グルコサミン本来の甘味を利用して、
噛んで食べても美味しいように工夫されています

ここでは噛むタイプのグルコサミン、
2つの特徴をまとめてみました!

フジフイルムのグルコサミン
フジフイルムの
グルコサミン
UMIのN-アセチルグルコサミン
UMIのN-アセチル
グルコサミン
1日の摂取目安量 5粒 1粒
グルコサミン含有量 500mg 1,000mg
ほんのり
ミルク風味
オレンジ風味の
ラムネ味

では、それぞれの1粒の大きさは
どの位なのでしょうか?
一目で分かるように、
一円玉も一緒に置いて比較してみました!

噛むタイプのグルコサミン

左がフジフイルムのグルコサミンで、
右がN-アセチルグルコサミンです。

フジフイルムのグルコサミンは、
一円玉と比べると小ぶりなので、
本当にラムネを食べる感じで摂ることができそうですね。

反対に、N-アセチルグルコサミンは、
一円玉とほぼ同じ大きさになっています。
複数粒ではなく一粒のみを摂る、というのも
手軽でいいかもしれません。

また、それぞれにおいしく食べられる様に
味がついていますが・・・
どちらも、ラムネや飴の様な風味です♪

グルコサミンは継続して摂取する事が大事なので、
おいしくない場合は続けることが難しくなるかも
しれませんよね・・・。
でも、この噛むタイプはお菓子感覚で続けられそうです!